縁日

お知らせ

information

お知らせ

2024.02.15 お知らせ

京屋染物店・縁日ではたらくスタッフを募集しています

京屋染物店・縁日採用

 

京屋染物店のこと

岩手県一関市に工房を構える京屋染物店は、大正7年に創業した染物屋です。

祭りが数多く残るこの地で、半纏や手拭、郷土芸能衣装の制作を担ってきました。

 

祭り半纏や郷土芸能衣装には、その力強い動きに耐える丈夫さと、直しながら長く着続け受け継いでいくことができる仕立ての工夫が必要です。

また、衣装に染め抜かれる紋や絵柄の一つ一つには、祭り団体の想いや伝統が込められています。

私たちは染物屋のものづくりを通して、昔からの知恵や技術、土地の文化を今につないできました。

 

私たちを支えてくれる地域の人たちをはじめとした沢山のご縁の中で、この土地の魅力もたくさん知り、抱える課題もみてきました。

 

現在の京屋染物店の仕事は、染物屋としてもありながら、より広がりを持つようになっています。

 

2018年に立ち上げた自社ブランド「en・nichi」では、昔の野良着や東北の土地の文化をフィールドワークしながら、今の暮らしに落とし込む商品づくりをしています。

 

昨年4月には、染めの工房と少し離れた里山に「縁日」をオープン。

豊かな自然の恵に囲まれながら、いただき・つくり・暮らすことを発信する場所として、自社商品の他にも各地の工芸やものづくりをセレクトしたり、ワークショップなどのイベントを企画したり、日々試行錯誤しながら運営しています。

 

他にも、地域のものづくり企業を支援するため、業務改善や経営の勉強会なども開催しています。

 

 

いろんなチャレンジをしていく中で、「染物屋」という一言では表すことが難しくなりましたが、

昔からずっと変わらないのは、この土地に根付く文化、人やモノや自然とのご縁を大切にし、これからにつないでいくこと。

 

一緒に進んでくれる頼もしい仲間が増えることを願っています。

 

 

募集職種

●店舗スタッフ(物販・カフェ・イベント対応)[パート・アルバイト1人]

●庶務・窓口スタッフ[正社員1人]

 

 

募集内容についての詳細や応募方法は、京屋染物店の採用情報ページをご確認ください。

▶︎京屋染物店・縁日 採用情報はこちら